2019年9月19日木曜日

2019年9月18日水曜日

獲物を運ぶ キタウロコアリ

ゆっくりとした動きのウロコアリ。何やら運んでいる。場所は倒木の下

何者かの肉片でしょうか

単なるゴミでは無いと思います

他に目を向けると

トビムシを運んでいる個体を発見。生活環境からトビムシ類が多いのかな

下から現れたアリもトビムシに食らいつく
9月12日撮影 押部谷


2019年9月17日火曜日

2次寄生? トビコバチ科の1種♂

マイマイガの卵塊に2頭のトビコバチオスがうろついていた。この卵塊は以前からチェックしていてナガコバチが数頭、集っているを以前、確認しているので、それに寄生したのではないかと推測します。(その時の写真を撮影したはずなんですが、いくら探しても見当たらず、ひょっこり出てきましたら追加したいと思います)

触角の脱皮殻が落ちています。

体長約0.9mm. 動き回るのでピントが追っつかない

ファインダーをのぞいている間に蚊の猛攻にあう

マイマイガは全滅でしょうか

9月16日撮影 押部谷

2019年9月16日月曜日

フタモンクサカゲロウ幼虫

マイマイガの卵塊を観察していたらクサカゲロウ幼虫がトコトコ歩いてきた。

卵の上に乗っかり卵を背に載せようとする

さすがにそれは無理。しばらくしてトボトボ卵塊を後にした
9月16日撮影 押部谷


ニホンアカザトウムシ

倒木が朽ちて半分、土に還っている。崩れないように持ち上げると裏面にニホンアカザトウムシ。今まで見た者に比べ発色が暗い気がする。

菌類が蔓延っていた場所なので胞子の類いでしょうか多く付いています

コナダニのヒポプスらしきものも

体長約3.5mm

いつかは獲物を触肢で捕えているところを見たいものです

ゆっくりとした足取りも眼にピントは合わせづらい

9月12日撮影 押部谷


2019年9月14日土曜日

アケビコノハ

帰宅すると玄関ドアにアケビコノハ。ここでは鳥は欺けても人には通用しませんネ。
9月14日撮影

マシラグモ科(Leptonetidae)の1種

ボロボロと崩れそうな朽木の倒木を起こすと結構見つかる青味の美しい蜘蛛。何度も登場していますが好きなので掲載します。体長約2mm.

9月8日撮影 押部谷

2019年9月13日金曜日

?ヨツボシアカマダラクサカゲロウ 孵化幼虫

たまたまツツジの葉に白っぽく抜け殻となったクサカゲロウの卵を見つけた。ルーペでのぞいて見ると孵化した幼虫がしがみついていた。この状態を見るのは、なんと8年ぶり。もっと頻繁に見たいものです。

体長約1.2mm

5個あった卵。3頭は既に何処かに行った模様

卵の網目が美しい

頭部の斑紋を見るとヨツボシアカマダラクサカゲロウかな?
すでにゴミが付着している。ひっつきやすい毛の構造なのでしょう。

しばらくすると降りてきた

9月12日撮影 押部谷


2019年9月12日木曜日

タマバエ科(Cecidomyiidae)の1種

林床に半分埋まった人の腕ほどの朽木を持ち上げると地面側にタマバエがとまっていた。

9月13日追記:同種かどうかは分かりませんが同じ場所にいた幼虫の写真を追加しました。

赤い幼虫を撮影すべきだった..(いつもスルーしてしまう)↓追加しました

同じ場所にて発見。多い時は10頭以上いますが今回は3頭ほど

体長約1mm

飛び立つ気配がないので撮影

左右の複眼はくっついている

体長約1.4mm.

平均棍に微細な毛あり
9月8日撮影 押部谷






2019年9月11日水曜日

フサヤスデの1種 卵と幼虫

冬場によくやるケヤキの”樹皮めくり”をやってみるとフサヤスデの卵があった。
自らの毛を集めそこに卵を産み、その上からも毛をまぶしている。鳥の巣のよう。

眼が透けて見えます

近くにいた親ムシ。見た目、体の毛がまばら。巣作りに使ったのでしょう

尻尾にあるフサもほとんど無い

左手は別個体。フサはしっかり付いている。そして1度、脱皮した幼虫もいました。

ピントが甘いですが脚の数は6本でした。

体長約0.7mm.脱皮するごとに体節が増えて行くのでしょうね

夏場にもめくってみるものです

体長約3mm.

上が卵を産んだであろう個体です。
8月5日撮影 三木山森林公園