2017年4月23日日曜日

?キバラコナカゲロウ

粉雪をかぶったような出で立ち。今回の深度合成はコナカゲロウ。翅脈やWAXに隠された体色から過去に撮影したキバラコナカゲロウではないかと。

羽化して間もない蝋物質の少ない成虫→こちら

いつものステレオグラム(交差法)


丸い頭部に長い触覚

触覚の1部拡大


複眼下、左右に出た小腮鬚

卵型なのが下唇鬚(と思う)

体長約1.8mm ( 翅瑞まで3.2mm )


4月22日採取・撮影 押部谷


2017年4月11日火曜日

キモグリバエ科 ?Chlorops sp.

キモグリ・ハモグリ・ナモグリ。今回採集したハエは調べてみるとキモグリバエと思う。過去の記事「キモグリバエ科 の1種 ( ?Thaumatomyia notata )」のものとは背中の斑紋が微妙に違う。調べてみるとChlorops scalarisという種に良く似ている。けれど先の記事のコメントにezo-aphidさんが「ThaumatomyiaはChloropsと概観がよく似てるので、欧州でも両者の判別には苦労してるようです。」とあり”?”つきのタイトルをつけました。

Chlorops scalarisにくらべ単眼周りの黒班が小さい

黒マジックで書いたような斑紋

体長約3mm

頭部

交差法でみると触覚の構造が良くわかります


複眼




黄色い平均棍

生殖器。メス?

4月7日採集・撮影 押部谷

2017年4月8日土曜日

テングダニ科 の1種

あっという間に桜の花が咲き、気がつかないうちに無数のムシ達が活動をすでに始めていいるようで本日も様々なムシ達に出逢いました。ただ生体を撮影する時間がなく今回も捕獲したテングダニの深度合成写真でお茶を濁します。
今まで撮影したものではこれに近いと思います。

獲物に突き刺す口の先端は少し丸みを帯びている
突き刺している過去の撮影→こちら

横にスリットあり、蟻地獄のキバと同じ原理で体液を吸うのでしょうか

体側面にある単眼

正面から

立体写真(交差法)



鈎状の爪2本の間のブラシ
比率はちがうものの昆虫達は似たような構造をしているように思う→こちら

立体写真(交差法)

腹面。生殖器が見える

上から体長約1.8mm(口先まで)


4月7日採集・撮影 押部谷

2017年3月29日水曜日

ブユ科 の1種 ?Simulium sp.

先日のクチバシのような口吻はブユのものでした。
山の中、メマトイのように、私の体にまとわりつく小さなハエがいました。衣服の上を歩き手の肌に移ると歩みを止め吸血を開始しようとしました。こりゃたまらんと直ぐさま捕獲。
体長約3.3mm.翅脈は「manual of nearctic diptera 」でみるとSimulium venustumが近いかなと。

振り払っても執拗にまとわり付く

皮膚を切り裂くクチバシ

かゆみが酷いので献血する余裕はありませんでした

別種ですが過去に撮影したブユと同じ動きをしていました

地元では”ブト”と呼んでいます

3月20日撮影 押部谷

2017年3月21日火曜日

トビイロツノゼミ

突然にお知らせもせず更新を休止していました。生きております(^^;;

啓蟄も過ぎワラワラとムシ達が出てまいりました。今回は山中で飛来してきたツノゼミを深度合成。生態写真はいつものそらさんのブログを参照してください。

体長約5mm.  ツノゼミ科 Machaerotypus sibiricus

思った以上に毛が多し

海外でみられる派手なツノはございません

ステレオグラム 交差法

背面。 くちばしを持った狐?

腹面。口吻が見えます

3月19日採集 押部谷


2017年1月6日金曜日

ヌカカ科 ?Forcipomyia sp. 幼虫

昨日のヤスデと同じ場所にいたヌカカの幼虫と思われるもの。以前、落ち葉の中から見つけた頭と尻尾に綿毛を備えた種を調べている際、行き着いたサイトに似た種がありタイトルにしました。

毛の先端に水滴

上記のサイトによれば抗菌作用と敵に対しての忌避効果があるようです

大きいもので体長約1.3mm 小さいのは1mm弱の個体がいました

尻尾は丸い

腐葉土に設置していた部位にいました。ちなみに丸い部分はヤスデの交尾
12月11日撮影 木庭山