2018年10月15日月曜日

日没早すぎ!

10月5日 18時前の空。ムシ撮りの時間が短くなってきた

薄暗い中、ガードレールの上でクサカゲロウ幼虫発見

補助光なしで勘で撮影(^^;; 何とかピントは合っていた

ただお食事中だとは全くわからなかった

餌食になったのは木から落ちたアブラムシ。マツホソ? 体長約2.2mm
10月5日撮影 押部谷



2018年10月14日日曜日

アカメガシワ 蜜腺

アカメガシワの花外蜜腺はアリを中心としたムシを引き寄せるので当ブログで何度も取り上げています。今回は葉の基部ではなく縁の蜜腺の写真です。

蜜腺の大きさ、直径約0.5mm

 赤い点が蜜腺。葉の葉脈もそうですが左右対称では無いようです

ハリブトシリアゲアリ 体長約3mm

 10月1日撮影 押部谷

2018年10月13日土曜日

クワゴマダラヒトリ 幼虫

いつもの散策コースにあるカラスザンショに何かいないかな?とみると密度の濃い白い糸で覆われていた。目をこらすと無数の毛虫。クワゴマダラヒトリの幼虫だ。
過去の産卵記事→こちら

数は多いとはいえ、ここまで糸を吐いて、この規模の巣を作るのはすごい

餌の時間を後回しにして

糸を吐き巣作りに励んでいるのでしょうか

この個体で体長約3.5mm

盛んに動いていました

9月28日撮影

いつ丸裸にしたのか分かりませんが現在の状況です
10月10日撮影 押部谷


2018年10月12日金曜日

マルトビムシ Ptenothrix monochroma

赤いマルトビムシ Ptenothrix monochroma Yosii, 1963. 久しぶりのご対面。記事にしたのは3年前。今回はお手軽カメラNikon1V3での撮影です。

苔の上を歩く。良く目立つ

体長約1.8mm

周辺の少し湿り気のある場所をさがせば、すぐに見つかる

比較的、正面から撮影しやすいいトビムシかと思います

10月2日撮影 高野町 花坂


2018年10月11日木曜日

チャスジハエトリ ♀

久しぶりのハエトリグモ。庭のブロック塀にてお食事中。

名前の通りハエを捕獲。オオチョウバエの毛が散乱

初見ではありませんがブログ初登場

枚数は少ないですがオオチョウバエの深度合成→こちら

この個体、体長約5.2mm. Plexippus paykulli
9月20日撮影 自宅庭

2018年10月10日水曜日

働かない ケブカクロオオアリ

朽木にクロヤマアリがじっとしているなぁ〜という認識で撮影。帰宅してみると妙に艶がある。調べると初見のケブカクロオオアリのようです。

前、中脚ふ節に緊張感が無い。弱っているのかも知れません

木の上を往来する仲間達が気にかけます。「あんさん大丈夫かいな?」

しかし動かぬまま。体長約8mm
ヤマアリ亜科 Camponotus yessensis

9月18日撮影 高野町 花坂

2018年10月9日火曜日

一蓮托生

オオヒメグモらしき巣につかまったクロヤマアリ。すでに絶命の様子。さてクロヤマアリにとりついたイトダニの運命はいかに。
過去のクロヤマアリとイトダニ記事→こちら

頭部と腹部にダニ。今朝の記事と同じく古い写真ですが(^^;;
8月7日撮影 三木山森林公園

ビオトープの生き物 働かないクロヤマアリ

時刻はちょうど12時。お昼休みでもしているのか水辺で見かけたクロヤマアリはどれもこれも動きが止まっていた。この日は雨。雨は大人しくしているのでしょうか。

水滴を払うことなくじっとしている

石と落ち葉の間に15〜20頭

葉を掴むと動くものの緩慢な動作

石の上のやつも動かない
9月8日撮影 三木山森林公園